大人ニキビ予防に効果的な「洗顔」の6つのポイント

大人ニキビ予防に効果的な「洗顔」の6つのポイント
大人ニキビ対策のための正しい洗顔 何度も洗顔するのは間違い
ニキビは毛穴に皮脂や垢などが詰まってしまうことからできます。ですから、洗顔で皮脂や垢などをきれいに洗い流し、常に皮膚の状態を清潔に保つことがニキビ予防には欠かせません。「1に洗顔2に洗顔」といわれるほど洗顔はニキビ対策には重要なポイントで、「30代男の肌の大人ニキビ対策―薬局ドラッグストアを含む5つの洗顔を試した結果」でも以前投稿したとおり、洗顔選びは大切です。
ただ、洗顔選びとともに、洗顔の方法も非常に重要なのです。
たとえば朝起きたとき、冷たい水道水でピシャピシャと顔の表面をなでるだけといった洗顔をしていませんか?
もしくは洗顔ブラシやナイロン製のタオルで顔をゴシゴシこすっていませんか?
遅い時間に帰宅してめんどうくさいから顔を洗わずに寝てしまうことはないですか?
このような状態では、どんなに効果な洗顔や化粧品を使ったとしても意味がありません。きれいになるどころか、ニキビは次々とできるでしょうし、ニキビ跡をいくつも作ってしまいかねません。では、正しい洗顔法とは何か?ポイントについて次から説明します。

薬局ドラッグストアを含む5つの洗顔を試した結果

30代男の大人のニキビ対策

NonA

体験談詳細へ

30代からの大人ニキビに悩まさせた筆者が実際いろいろな大人ニキビ対策洗顔を試してみた体験談。大人ニキビ対策の参考になれば幸いです。

正しい洗顔法のポイント

  • 1、ぬるめのお湯を使う
  • 2、汚れはしっかりと落とす
  • 3、余分な皮脂を取り除く
  • 4、シャワーを利用し、きれいな水で洗顔料を洗い流す
  • 5、ゴシゴシこするなど、強い刺激はあたえない
  • 6、タオルは清潔なものを使用する

まず、ぬるめのお湯を使うのは、顔の毛穴をしっかり開き、たまった皮脂や汚れを十分に洗いおとすためです。古くなった角質も柔らかくなって、はがれやすくなります。
冷たい水を使うと、毛穴が収縮しますから、余分な皮脂が毛穴の中につまったままになりがちです。ですから、体温より少し低いかなおもうくらいのぬるま湯で洗顔するのがおすすめです。

手でゴシゴシせずに。しっかり泡立てて、泡で洗う。

大人ニキビ対策のための正しい洗顔 しっかり泡立てて、泡で洗う。
次に、洗顔料は十分に泡立てて、汚れや皮脂を泡で包み込むようにするのもポイントです。手の平に出した洗顔料をそのまま顔につけては、刺激が強すぎることがあり、皮膚の潤いに必要な皮脂まで取り去ってしまうことになりやすいので注意してください。
中には、ブラシやナイロンタオルでゴシゴシと肌をこすった方が、汚れが落ちやすいと思い込んでいる人がいるようですが、そのような洗い方では肌を傷つけてしまうばかりです。
最近では回転式の洗顔ブラシなど、ブラシが柔らかく肌を傷つけない専用のものが出ており、それらを使用するのは問題ないと思いますが、体と同じようにゴシゴシ洗うのは強くこすることで悪化してしまうケースがあるので十分気をつけてください。
大切なのは皮膚を清潔な状態を保つこと。そのために汚れや余分な皮脂をしっかり洗い落とすことが何より大切なことですから、ゴシゴシと肌をこする必要はないのです。

1日に何度も洗顔するのは間違い?

大人ニキビを防ぐスキンケア
また、1日に何回も洗顔したほうがよいと思っている方もいるようですが、基本的には朝と夜の2回で大丈夫。非常に油っぽい肌質の人や、汗をかきやすい夏には朝と夜に加えて気になったときに洗顔シートで余分な皮脂を取り除いてあげるのがいいと思います。というのも洗いすぎるのもあまりよくないからです。
皮膚の潤いを保持するのに必要な皮脂まで失われ、肌を保護する生来のバリア機能が低下し、かえって肌トラブルを招く危険性があります。

スキンケア大学
洗顔のしすぎや間違った洗顔は角質層にダメージを与え、乾燥肌や敏感肌、脂性肌、毛穴、シミなど、様々なトラブルの原因となります。
上の画像のように、頬から洗い始めるのも、お肌を傷める“やってはいけない洗顔方法”。肌をいつまでも健やかに保つために、正しい洗顔方法を身につけましょう。
意外と知らない人が多い“正しい洗顔”

洗顔料をしっかり洗い落として、タオルは清潔なものを使う

大人ニキビ対策のための正しい洗顔 清潔なタオルを使う
顔を洗ったあとは洗顔料をきれいに洗い流します。このときは、洗面器などにお湯をためて洗うより、シャワーを利用することをおすすめします。洗面器などを使うとお湯に溶けた洗顔料が十分に落とせないことがあり、それがニキビや肌荒れの原因になることもあるからです。
そして、タオルで顔の水分を拭き取るときですが、清潔に洗濯したタオルを使ってください。使い古しのタオルでは、タオルの繊維の中に雑菌などがひそんでいて、ニキビが悪化するおそれがあるからです。

オイリー肌でなければ、洗顔後のケアもしっかりと

大人ニキビ対策のために洗顔後の化粧水ケア
ニキビ対策には洗顔が非常に重要な要素ですが、洗顔後もケアが必要。きれいに洗顔したあとは、化粧水を使って潤いを補給しましょう。
このとき、つけすぎには注意が必要。また、もともと肌が油っぽい方など、化粧水を使ってみて、大人ニキビがでるという方は、洗顔のみで化粧水をつけるのは控えましょう。

最近では、抗酸化作用に優れたビタミンCやビタミンEを配合したタイプや、殺菌力や紫外線をカットするUV効果の高いタイプなどがありますし、ニキビ対策用の化粧水などもあります。
季節や、自分の肌に合うものを選んでください。

まとめ

どんなに高価な洗顔アイテムを使っていたとしても、その洗顔方法が間違っていれば、効果がないばかりか、逆に肌をいためてしまうことになりかねません。今回は正しい洗顔方法について紹介しましたが、洗顔方法はいろんなところで紹介されています。女性は当然と考えていることが、男性は以外と知らないもの。「ゴシゴシ洗い」「何度も洗う」のもその典型といえます。「いちいち気にしていられない」なんて言わずに、大人ニキビ対策のために正しい洗顔方法を知って、きちんと毎日ケアしましょう。洗顔はスキンケアの基本なのできっとかえってきますよ。

参考

肌らぶ

正しい洗顔方法ってどうやるの?今の洗顔方法って合ってるの?と思っていませんでしょうか?
洗顔とは美肌をゲットするためのもっとも基本的な「落とすスキンケア」です。
この落とすスキンケアの洗顔方法が正しくできていないと、短期的にはニキビや肌荒れを起こし、長期的には「ターンオーバーの乱れ」を起こしてしまうのです。
本日は、やってはいけないNG洗顔方法や本当に正しい洗顔方法などをご紹介していきます!
洗顔方法保存版!8つの間違い洗顔と本当に正しい洗顔方法

男らしい、ワイルドな洗顔はNGです

まず、多くの男性がやってしまいがちなのが、手でゴシゴシと顔をこするように洗ってしまうことです。肌は思っている以上に繊細で、ちょっとした摩擦や刺激で肌荒れを起こし、さらなる肌トラブルを招きます。

テレビCMでタレントがサッパリと洗いあげるシーンや男らしいスタイルが印象的ですが、正しい洗顔には男らしさは不要です。理想の洗顔とは、女性がたっぷりの泡でやさしくなでるように洗うスタイルで、男性も同じように洗うことが重要です。
ワイルドな洗顔はNG!男の正しい洗顔方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人

|現在の記事投稿数:3

当サイトの美容系記事を担当するライター。趣味はカフェめぐり♪、お菓子やパンケーキを作ること♡ 改めド派手なアクション映画と一人カラオケと(ヒトカラ)が趣味の独身です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

 閉じる

 閉じる